少子化の影響で、日本の子供たちはどんどん少なくなってきています。

子供にとって必要であり大事な教育

教育を通じて仲間とのつながりを知る 少子化の影響で、日本の子供たちはどんどん少なくなってきています。子どもたちを大事にしようという考え方が根底にあるのだと思われますが、その結果、子どもに対して大人が非常にフレンドリーに、寛大に接するようになりました。距離感を感じさせないようにという配慮か、敬語を使わず、友達に話すのと同じようにため口で話してもよいとしている親や学校の先生が多くいるほどです。確かに、子どもはこの教育によって大人を親近感の持てる存在だと認識するでしょう。

一方で、大人など恐るに足りずという考え方を持ってしまう子もいます。知らない人でも敬語を使わずに話しかけたり、時にはにらみつけたりするため、それが取返しのつかない犯罪を招いてしまうこともあります。教育現場においては、先生と生徒という立場をしっかり認識させるため、少なくとも敬語を教え、それを使えるようにするのが学校です。これは家庭においても当てはまることであり、家庭においてはしつけをしっかりすることが該当し、これらを同時進行していかなくてはなりません。

Copyright (C)2018教育を通じて仲間とのつながりを知る.All rights reserved.