面倒見の良い人は子供の教育に向いています。

教育には面倒見の良い人が向いている

教育を通じて仲間とのつながりを知る 面倒見の良い人は子供の教育に向いています。教師は特にたくさんの子供を見なくてはなりませんが、一人一人の個性をしっかりと把握した上で秩序を維持しないといけないため、相当パワーが必要です。子供は幼児期にしっかりと社会のルールを学んでいないと、成長するにつれてわがままになります。子供の性格は親や教師など、大人が作っています。

自覚があるかないかは個人差がありますが、親はたいてい責任感を持って子供の教育をしています。面倒見の良い人もいれば、良くない人もいるので子供への接し方はばらばらでしょう。異なった価値観を持つ子供を一つの空間で見る学校は、ある意味かなり良くできた機関と呼べます。これは、子供だけではなく大人もいる社会を教えることができるからです。

甘やかすことと面倒見が良いことはまったく違います。お金を安易に与える親やわがままを聞いてやる親より、すぐ上の兄弟が愛情を持ってしつけたほうが子供は健全に育つでしょう。

Copyright (C)2018教育を通じて仲間とのつながりを知る.All rights reserved.