日本は資本主義社会です。

社会的なものの見方で教育を見ましょう

教育を通じて仲間とのつながりを知る 日本は資本主義社会です。大企業や中小企業が日本中に存在し、社会の構成や印象は企業によって形成されると言っても過言ではありません。幼児期から始まる学校教育も、サラリーマンを育成していくことを前提にシステム化されています。そのため、いわゆる日本でいう教育というものは仕事ができる人材を育てることだという認識を持たれている方が大勢います。

その為、社会のビジネス的な分野において必要なものが変わってくると、教育の方針や方向性も変わってくると言っても良いでしょう。現代なら知識を入れ込む形の勉強よりも、むしろコミュニケーション能力を鍛える訓練に重きを置いていると言えます。幼稚園や小学校から、ディベートやスピーチの練習をする学び舎などはたくさんあります。欧米諸国などでは大昔からそのスタイルが教える現場で採用されていました。日本はその欧米諸国のスタイルに追いつこうとしているということです。教員側としては、求められるスキルが時代とともに変化していくので厳しくなるともいえます。

Copyright (C)2018教育を通じて仲間とのつながりを知る.All rights reserved.