ゲーム感覚で勉強を教えている学校はめったにありませんが、教育は実はゲームと同じ感じで行わせたほうが子供にとってストレスはたまりません。

教育はゲーム感覚で行うくらいがちょうどいい

教育を通じて仲間とのつながりを知る ゲーム感覚で勉強を教えている学校はめったにありませんが、教育は実はゲームと同じ感じで行わせたほうが子供にとってストレスはたまりません。ゲームは楽しいから続けるわけで、勉強がそれと同格になれば子供は自然に知識を学び、それを社会生活に生かすようになります。コミュニケーションにおいてもこの感覚は重要です。

教師や親が子供の教育をしようとしたら、どうしても参考書片手に勉強を見るスタイルになります。子供は毎日勉強を強いられる生活にストレスを感じ、自分の好きなことに没頭したい場合もあるでしょう。親はそんな子供の発するサインをすぐに受け取り、人間関係構築の勉強と証して親子関係を濃密にする活動を行うべきです。

親が子供に対して何かを学ばせたいと欲したら、子供が何を求めているかをまず把握するのが肝要です。子供は素直ですから自分のしたくないことはいやだといいますし、ある程度知識や体力が身に着けば勝手に興味のあることを始めます。

Copyright (C)2018教育を通じて仲間とのつながりを知る.All rights reserved.